とれたて!焼きしいたけ

  • 2020年11月1日
  • 2020年11月1日
  • 料理
  • 108回
  • 0件

我が家では、手軽に炙りや焼き物をしたい時には、炉ばた大将(旧型)が登場します。焼き肉や串焼きにも使えます。もうかれこれ10年以上愛用しており、現在は改良された後継機種が販売されているようです。

収穫した「しいたけ」もこの炉ばた大将で焼きました。直接炎は当たらず、金属板を炎で熱して強い輻射熱でじっくり焼きあげます。妻の里から頂いた甘長も一緒に焼きました。

まずは、傘の内側を軽く焼き、その後外側を焼きました。

焼いているとじわりと水分が浮いてきて、採れたてで新鮮であることがわかります。

まずはポン酢であっさり頂き、味に慣れてきた頃、傘の内側の部分に直に醤油を垂らして、味を染み込ませて食べると、最高に美味しかったです。

子どもたちもこぞって食べてくれ、足りないぐらいでした。

現在、「もりのしいたけ農園」は2週間程度の休養期間を終え、2巡目の収穫を目指しています。次回は今回ほど数は収穫できませんが、大きく育つものが多かったはずですので、楽しみです。